生存報告所

日記だよ!

2/20 ちょっと暑い日

2/20(火) 睡眠時間6時間15分 5,154歩

ボードゲームの婚活イベント

前回はボードゲームで盛り上がりすぎて婚活にならなかったのでお互いのことを知るゲームを選定していきたいと思います。

流石に面白すぎるコメント。ちょっとした触れ合いのためにジャングルスピードとか良いと思いますよ!!*1

 

 

やったこと

✅10分技術書を見つめる

仕事

 明日以降の予定でワクワクしすぎて仕事は手につかない。休みに入ったら絶対忘れるであろう仕事のナレッジを残し、年末年始のように仕事を綺麗に終わらせ、面倒なものは蓋を閉めてきた。桃源郷に行って帰ってくるんだからそれぐらいの心持ちでいなければ。

 

 3月の試験に参加するかは相変わらず私の頭を悩ませている。悩みというものは頭のリソースを常に食う存在な気がするため好きではない。いつもはサクッと判断して目の前のことに集中するようにしているが、これは自分ではちょっと消化しきれそうにない。昼休みに院生を経験してきた同僚に突撃し、「多くの時間を定常的にとられるイベントに参加する時、どういう判断軸を持ちますか」と聞いてみた。

 

 その人曰く、「まずは自分が何を求めているかを知ること、そのイベントに参加して得られそうなのか言語化すること。あとは健康が保てるのかどうか。自分は体力に自信がないので、固定時間が増えそうなことは極力増やさないようにしています。」とのこと。ボドゲも好きな理系らしい回答をいただけた。

 

 自分的にも固定時間がとても増えることをネックに感じていて、得られそうなものと天秤にかけてもメリットを感じていない。「(エンジニアとして腕を上げたいなら)参加するべき」という外の言葉と、「ここで逃げたらカッコ悪いでしょ…」という自分の気持ちが最後の対話相手だなぁ…。ボドゲのようにサクッと判断出来たら楽なのだが。

 

帰省準備

 明日以降はアナログゲーム祭り。そのためならリマインドメールなんていくらでも送るし、案内文章も作るし、かばん2つでも抱えて持っていく…!

 昨日に大体荷物のパッキングは終えたはずなのだが、まんだらけからのニュービーを迎えたたためまた悩むことになった。人類に今必要なのは四次元ポケットや…。

 

漫画

メモリの章に戻って技術書を見つめたが、全く集中できない。今日はダメだということで漫画の方にチェンジした。

 

無能なナナ11:とうとう出てきた小野寺リンちゃんと新たな仲間。兄も兄だが、妹も恐ろしい執念と根気強さだなぁ…。続々協力者も増えてきたが、ここで落としてくれるのは「無能なナナ」ですよねという謎の期待がある。来春(つまり今年)発売も楽しみにしてます。

 

あとは昨日から止まらない緑茶コンボシリーズ。眠る前も帰ったときもとりあえず1冊読んでしまう。どういう思考と推理と妄想で設定が出来ていくのか気になるから、あとがきだけで1冊出して…。

 

宮本フレデリカという少女:天然不思議系少女に見える子一等賞。触れちゃんにフォーカスした話。雲のようにとらえどころがなくフワフワしているが、絶対内面は見せないという頑なさは感じていた。しかし、覗き込むような目の様子や片方だけ大きい♡のアクセサリーからここまで内面を想像するとは…! 今背伸びしたいであろうありすとの組み合わせがまた良いなぁ。

「演じているうちに演じたものになっていく」というのはなるほどと納得した。

OFF SEASON!:いつも城ケ崎姉回を楽しみしておりました。この回読んだ後にまたアニメの私色ギフト回を見たら…、凸レーションも本当に良いグループです。

#やむんごTV:新世代3人組の回。キャラ立っていなくても、機転が利くわけでもなくても、企画提案して何か物事を進められるというだけで十分素敵なことなんだよなぁ。そしてちゃんと自分の好きなものを持っているというのも良し。

 

 どの本もですが、相手に伝えるべきところでちゃんと言葉を渡し、シンデレラを輝かせるために骨身を惜しまず働くプロデューサーたちが良い仕事をしている…!

可愛いキャラ達による泥臭い華やかな話ではあるのだが、舞台裏の男たちにフォーカスしてくれる辺りが本当にこの漫画の良いところ。竹内Pの活躍がもっと見たくて読んでいる節もある。

 

プリキュア20thアニバーサリーブック 

 こういう記念雑誌系は今まで手を出してこなかったが、最近インタビュー系も作者の意図を知ることが出来て面白いな…と感じてきたのでこの機会に購入。

声優さんごとのベストエピソード話、撮影の舞台裏…時間が無くて一部だけ読んだ状態だがとても良かった…(´゚д゚`)

明日会う中にプリキュア好きの友人もいるな…また荷物が増えるぜヤレヤレ。

 

 

 あとは移動して夜行バス。いざ行かん夢の場所へ。おやすみなさい。

 

ごはん

 朝食:菓子パン

 昼食:(中食)唐揚げ弁当

 夕食:袋麺+牛乳500ml

 

 冷蔵庫の消化、兼何も無くても食べられるもので夕食。牛乳の味はなんとなく苦手なため直接飲むというのは数年ぶり。水よりも栄養素が体に入ってくるのを感じられるのは良いな。

 ”中食”という言葉を使っていたが、家の内と外で食べる”真ん中”という意味で中食だったということを初めて知った。語源も知らずに使っている言葉は意外と多いものです。

*1:真面目に投げるならitoとかベストフレンドS? プロポーズは直接的すぎるか

2/19 読書コンボ

2/19(月) 睡眠時間7時間 6,489歩

少しずつ街も暖かくなってきて、舞い散る花粉は春の訪れを人々へいち早く(うるさいくらい)教えてくれる。君はまだ座っていなさい。

暖冬なのはありがたいが、ネックウォーマーとヒートテックを脱いだ会社帰りは装備が無理やり剥がされたようで少し心細い。もうすぐはーるですね~。

 

 

やったこと

仕事

 今日の仕事は調査・開発。Javaは見てきたつもりだったが、GCログ*1という言葉を初めて知った。知った気ではいても、業務で少しずつつついているだけだから、まだまだ知らんことが多いなぁ。

 

ルルブの読み込み

 帰宅して明日夜行で出る用の荷物準備。必要なボドゲは100サイズの段ボールで十分に発送したつもりだったが、「これもいるな、これは全員が楽しめそう…」と思って追加していたらもう一つカバンが出来上がった。退勤後そのままバスタへ行くつもりだったが、かばん2つ持って会社へは行きたくないな…。

 

 ついでにTRPG回のためのルルブ読み込み。

ブルアカTRPG:友人達の間で未だに人気なブルアカ。私もキャラはとても好き。同人でTRPG書籍が出ているということで、そのルールを読み込んでいた。

システムで一番近いのを例えるとしたら神我狩だろうか。碁盤のような升目にそって移動し、射撃やスキルを使って敵と戦っていく。ノーマルスキル等を使っていくと特別な技が使うためのSPが貯まるなど、ゲームの要素を上手く落とし込んで作られているように見えるなぁ。

身長120cmだと回避値が一番高くなるのというのは、作者の”癖”が出すぎじゃないですかね…? 既にPL2人から身長120cmのキャラシ達が提出されてしまった。このロ○コンめ!

 

ネクロニカ:懐かしい、終末世界を旅する少女系TRPGどう見てもR-15どころではない。素早さとスキルを両立させた戦闘システムの特異さと面白さ、それに合うポストアポカリプス的な世界観が素晴らしいゲームです。

咄嗟に使えるシナリオはあるかなぁ…と思って開いたが、世界観の説明についつい読みふけってしまう。退廃的な世界、銃器、少女達の冒険…閃いた!!

 

BOARDGAMEGUID500

 ガイドとして名前は聞いたことがあったが、読めずに気になっていた本。どうやら作者のベスト500集ではなく、スコットランドヤードが発売された1983年から30年を記念し、ドイツボードゲーム(+α)をいろいろと紹介した本らしい。250文字にギュッと抑えて魅力を説明されるゲーム達はどれも本当に面白そう。

 

 知っているゲームもちらほらあるが、9割以上は知らないゲーム達。『コヨーテ』や『ナイアガラ』等、たまに知っているゲームが出ると「分かる…」と腕組みして頷きたくなる説明が多い。

1つの数字に翻弄される姿は滑稽そのものだ。(コヨーテ)

 ”ボドゲを買いたいけど買うものがない”という末期のコレクター状態になったらまた開けて眺めたい本だった。私のボドゲベスト集も出したいな。

 

新聞消化

 今日の特集はスイカゲームを生んだissinの話。「n = 1」で、自分が欲しいものを徹底的に煮詰めて作るというスタイルは個人開発者憧れの頂点にいるような話で、すごいとしか表現のしようがない。会議も調査も無いとは…リアルへ出てきたポンポさんか?

 

「『みんなが欲しいもの』は既に世に100%出ているから、自分が欲しいものを突き詰める方が差別化になる」という言は目から鱗の話。むしろ熱量を注ぎ込んだこだわりがあるからこそ惹かれる人もいるということなのだろう。

「健康にはなりたいが、進んでやりたい事じゃない」という自分の思いを言語化して製品に変えたのは素晴らしい発想だ。しかし話を見ているとどれも完全新規ではなく、既存の組み合わせであったり、別の国の横展開だったりする。欲望と知識のかけ算だな。

 

「自分の作りたいものは作るな」というビジネス書もあれば、「n=1」で成功したという教えもある。やっぱり人の成功事例というのは何も参考にならねぇ!

 

 …いや、一つだけ共通している教えがあった。

ヒットは確率の問題なので、時間をかけないでどんどん作るスピードが大事です。

 何かやらなきゃ始まんねぇということだ。

 

緑茶コンボ

 まんだらけからもう届いた買い物セット。全部開くと目の毒だから…ちょっとだけ…同人誌を手に取った。

中身は緑茶コンボというサークルさんのアイマス漫画。高校生の時はツイッターに落ちているのを片っ端から拾って読んでいたが、ようやく好きに買えるようになってきた。

 

コレクション3:2期で竹内Pと対立していた常務の過去妄想漫画。原作の人物描写から想像を巡らせて、人間関係などを深く掘り下げるような過去話を作り上げる。半原作再度なのではないかと質問したくなるほどの作品を毎回描いていらっしゃるから本当に尊敬するんだよなぁ…。

風邪ひいた杏と、それを気遣ってお見舞い&差し入れ(という名のプロデューサー)を入れてくれるきらりの話が一番好きです。

 

C91時仁奈ドーナッツ:精神年齢大中小が揃った話。欲しい”物”は大体持っていそうな時子様が仁奈に”本当に欲しいものは何か”と問いかけるのはなかなか面白い組み合わせ。ドーナツって中和してくれる法子は本当に良い子。

 

C93GOLD:竹内Pと杏アフター!! ありがとうございます”かめれおん”先生!!!

これが感謝の気持ちか…。敬拝。

 

コンピュータアーキテクチャ 

✅10分読む

 今日はループと関数、最後にオブジェクト指向の話。プログラミングという章を持つなら切っても切れない話(だと思っている)。

 

オブジェクト指向とは何か?」という質問をベテランプログラマーにぶつけると1時間かけて滾々と教えていただけそうだが、この本の答えとしては「データはそれを操作するコードと一緒に定義すべきである」ということらしい*2

 

 データの操作方法についてソースコード上でまとめたのがクラス。実際にクラス定義に従ってメモリ上に作られるのがオブジェクトというデータアイテム。

この2つの考え方に加えて以下の3つの基本原則で成り立つ。

  • カプセル化:コードとデータをクラスに入れて、プログラマーがデータへのアクセスを制御できるようにすること。データの安全化。
  • 継承:クラスを拡張子して子クラスを作ることができること。親クラスの内容を変更したら子クラスにも反映されるし、親クラスが持っているメソッドは子クラスも使える。コードの再利用化。
  • ポリモーフィズム:呼び出し元がクラスを知らなくても、呼び出される側が自動的に適当なクラスで対応できる仕組み。コードの柔軟性。

 

 なるほど、そういう言語化か~と楽しく読んだが、分かる人は分かるという文章かもしれない。大学時代の未経験の時はこの考え方が分からず苦労したが、どうやって”なんとなく分かった”状態になったっけなぁ…。

 

 帰ってきたらまたメモリの続きかな。読むの楽しい!

 

ごはん

 朝食:菓子パン

 昼食:(外食)痺辛豚丼

 夕食:食べず

 

 昼はちょっと遅めのご飯で豚丼。お店がカレーも食べ放題のため、ついご飯と一緒におかわりして食べ過ぎた。おかげで夕食は抜き。冷蔵庫の食材は…一種間ぐらい耐えてくれるでしょう。困ったら全てカレーが包み込んでくれる。

*1:ガベージコレクションログ。Javaが勝手に行ってくれるメモリ整理についてのログ。メモリオーバーフローした時や不可解なメモリ使用量が起きているときに確認する…らしい。

*2:当然1行で伝わるわけがないので、とても言葉を省いている。詳しくは本文を読んで。

2/18 未知との遭遇

2/18(日) 睡眠時間9時間 459歩

ウォッチリストも積読リストも欲しいものリストも消化しているはずなのに全然減らない。降りているはずの階段を無限に上っている。

タスクの消化という気持ちで扱っていたら永遠に終わらないなぁ。

 

 

やったこと

確定申告

 待っていたぜ、この時をよぉ!!  というわけで開いたe-stat。と言ってもサラリーマンでお給金をいただいている私にはやることがほぼ無い。ふるさと納税と医療費の申告をちょっとして1時間もかからずに終了。特定口座で受けている配当も申告してみたが、逆に税金を取られそうになったので見なかったことにする…。

今年個別株で遊びすぎたら来年やることはちょっと増えるかな?

 

昨日の日記

 夜に一気に書くと大変なことはこの一週間でとても身に染みているので、今日は早く書いてしまおうと昼にはてぶを開く。大丈夫、ちょっと感想を書いていくだけだから…と予想していたはずなのに、読み直して書いてネットサーフィンしたら5時間以上が経過していた…ドウシテ。

専業ライターという職種は本当にすごいと思う。

 

未知との遭遇

監督:スティーブン・スピルバーグ

かの有名なスピルバーグ監督。昔に誰かからオススメ受けて(いたはずで)ウォッチリストに入っていた作品。エイリアン・遊星からの物体X的な雰囲気を期待して見始めた。

 

 終わってみればちょっと違う雰囲気で、未知の文化へ触れて変容してしまった人間達のお話。テーマは宇宙人との初コンタクトだったんだろうなぁ。エイリアンでは無く幼年期の終わり(序章)という雰囲気の話だった。

 

 音楽は壮大で聴きごたえはあるが、ストーリーの変化がゆったり過ぎて現代の情報量が多い(嚙み砕かれた)映像作品に慣れた身としてはちょっと退屈に感じる。視聴後の第一声は「何も、何も分からんぞ!!」だった。これが未知との遭遇って奴か。

 

新聞消化

日経MJの消化。

 東京都は独自のマッチングアプリを出し、農家マッチ、オタクマッチなど先鋭化が進んでいるマッチング業界…、ここにきてオープンハウスグループから新居条件マッチングが出てくるとは。確かに家を買うというのは大きな買い物だから価値観の差が出やすいのか…?

何がすごいって、意見が出て開発に着手し突貫作業の3週間で立ち上げたこと。住居担当者による手作業マッチングとはいえ、この早さは見習いたいところ。内製化した良い開発チームを持っているんだろうなぁ。

 

 もう一つ気になったのはヘラズィカ提供という社会人の自習サービスの話。目標○コマで設定し、学習状況が同じような人たちでチームを組んで目標達成目指す。チーム目標と個人目標の達成で自身のレベルは大きく上がり、個人目標の達成だけでもOK。個人目標が未達成ならチームからの自動退出。集団にして授業の動機づけにするのは面白いところだなぁ。運営側がスタートや終了の声かけ、ストレッチを呼びかけるところも手が凝っている。

 

コンピュータアーキテクチャ

✅10分読む

生活習慣が崩れた今週は全く進んでいなかったが、コンピュータアーキテクチャ。今日はコンパイラインタープリタの話。

 

 仕事では現在進行形でJavaの実行速度の遅さに苦しめられているところだが、それがJavaが可搬性*1を優先していたからというのは初めて知った。コンパイラで持ち運びしやすいオブジェクトコードを作り、あとはJREが含まれている環境で翻訳して実行する。だから最初の起動には時間がかかる…がどこでも実行できるらしい*2。美味い仕組みだが、現代のサーバーレスで扱うにはちょっと辛いところがあるんだよ~~~。

 

 あとはプログラミング用語の復習。プリミティブ型は感覚的に分かっているが、複合型はどれがどんな特性を持っていたのか忘れがち。

配列順序付けされた一連の変数。個々の要素は角括弧によるインデックスを指定する。

構造体順序の無い名前付き変数の集まり。

集合:順序の無い複数の値からなるコレクション。同じ値の要素は2つ以上持たない。

マップ:複数の値を格納するコレクション。値の要素はキーでそれぞれ指定する。同じサイズで複数の配列をまとめたものと言えるかも。

列挙:順序の無い値からなるコレクション。構造体との違いは、こちらの要素はすべて同じ型になるところ。(曜日という列挙型で、月曜・火曜…という値が入る)

ポインタ:メモリ内の別の場所を指定する。デバッグはしにくいし、悪いことしがち。C言語の初心者はポインタで躓くという都市伝説は何度も聞いたことがある。

 

 あぁなるほど、理解した…(?)と言いながら読んだ。昨日より脳みそのしわを一つ増やすことが出来たので楽しい。

 

ごはん

 朝食:寝てた

 昼食:菓子パン+お好み焼

 夕食:沖縄そば

 

 お好み焼きを消化して、夜はサクッとラーメンで終わり。合宿のために帰省するまであと数日しかないが、冷蔵庫に食材が残りすぎている…。どげんかせんといかん。

*1:英名:Portability。どんなOS、環境でも実行できるという汎用性の高さのこと。

*2:Write Once. Run anywhere.(一度書けばどこでも実行できる)が標語

2/17 青山広美先生最高!!

2/17(土) 睡眠時間 3,549歩

漫画のコマを紹介したいが、手元のはまだ紙だから写真が取りづらく紹介しにくい。

読み終わったらすぐに裁断し、スキャンまでするフローを構築しなければいけなくなってきたか。

 

 

やったこと

アークノヴァ

 1日1回するのは自由ということにしてみた。

 全ての動物園区画を埋めることが出来て結構満足。第一ラウンドで売店を1つ置いておくとその後の収入がちょっとずつ楽になるような気がするなぁ。

 

ワンプリ2話

危ない危ない、明日更新で見逃すところだった…ということでTverを起動してプリキュア。いろはさんも変身する2話目。

プリキュアシリーズが毎回曲が良いのは分かっているのだが、やっぱり今回もOPが良い。1月にライブ含めてたくさん聞いていたから「テレテッテー テーテ テテテテー♪⤴」というイントロ聴くだけで「プリキュアだ!」と反応するようにパブロフ化されてしまっている。

 

 幼い頃から見てきたコムギを守りたくてキュアフレンディへと変身するいろはさん。

「みんなの笑顔で彩るセカイ!」という素敵な変身セリフだが、まさかその後1回もパンチすらしないとは思っていなかった。動物へと心を開くように説得して浄化。動物限定ではあるだろうが、過去一番の浄化能力なのでは。21年目というわけで、新しく戦わない方向性を出してきたというわけですね…!

「前シリーズのヒーローガールスカイパンチとの対比が良い」というのは友人のセリフ。なるほどなぁ。

 

 表情豊かでころころと変わるいろはちゃんは見ていて面白い。シリーズ2番目キュアだが桃キュアの系譜を感じる。

 

 兎は時速70kmで走るというのが今日一番の驚きでした。短距離走での記録を換算したものだろうけど…そんなに!??

 

漫画

友人からオススメされていた漫画を読んでみる。

 

トーキョーゲーム:1999年に起きた大地震によって荒廃した東京世界。不老不死の薬を獲得しようと麻雀で戦う悪鬼たちを青い星の男が成敗していく話…? 全2巻。麻雀のルールは全く知らないが、キャラの強さだけで面白いなぁとひたすら読み進めた。麻雀界の北斗の拳

 

敵はかませ犬→堅実な打ち手→計算の悪魔→幻覚の使い手→青天井侍→ラスボスと進んでいく。どの打ち手にも個性があり強そうなのだが、主人公は引きたいものが引けるシャイニングドローの使い手なので問題なかった。意志の力って強いな…。

青天井侍とのバトルでは数千万点を超える点数が出てくるから特に見もの。そんな点数出るの??

 2巻でスッキリ終わる面白い漫画だった。

 

バード -砂漠の魔術師-:トーキョーゲームと同じく青山広美先生による作品。こちらは”蛇”と呼ばれる恐ろしく強い打ち手と麻雀で戦うことになったベガスのマジシャンの話。東洋のイカサマ師vs西洋の魔術師 Fight!!

 

 こちらはほぼ1vs1で二人の技の仕掛けあいを楽しむ話。悪魔に指を売った愚者と、表に出ることが出来ない悪者、それでも腕を磨いてプロとして生きている2人の生きざまはどこかカッコいいところがある。人を殺して野菜の肥料にするのはどうかと思うけど。

 

 2巻でスッキリ終わり、とても楽しい話だった。この設定達がアドリブで連載の途中で作られていったとはどういうことなんですか、先生??

 

博多弁の女の子は可愛いと思いませんか?1~2:福岡から来たご飯食べるのが大好きな女の子と幼馴染の東京男、下町生まれのツッコミ役からなる平和なラブコメ漫画。血も出ないし人も死なない*1。博多弁カワイイ。

 

方言を扱っているだけあるのか、方言教室の回もたまにある。ちなみに福岡と北九州hが違うらしい、福岡=博多弁を使うのかと聞いたら怒られるらしい。

  • くらすぞきさん = ぶち○すぞ貴様
  • しゃーしかー = うるさい
  • ほがす = 穴を開ける

という今日から使える博多弁講座を受けて、理解が深まった…気がする。

方言が薄い地域に住んでいたため、こういう違いは珍しく、ちょっとうらやましくも感じる。ちょっとしたバイリンガルじゃん!

 

また、地元の話として欠かせないのが郷土料理。博多というか、九州は食事が美味しいイメージがあるが、改めて挙げられるのを見ているとどれも美味しそう。山笠ラーメンばり食べたか~~~!!

なんて美味しそうな表紙の山笠ラーメン。豚骨、豚骨が食べたい…!!

 そば・寿司・天ぷらが”江戸の三味”と呼ばれる郷土料理だとは知らなかった…*2

 

*3

 主人公のどん子ちゃんは可愛いのだが、私が好きなのは隣にいる下町子ちゃん。ボケ役2人からなるパーティーの貴重な常識人枠。勉強をそつなくこなし知識も豊富なため、いろいろと解説を追加してくれるありがたい存在。もっと、もっと話して…。

秋島先生、『下町の女の子は可愛いと思いませんか?』というスピンオフで関東探検する話を出してください…!

可愛く郷土のことを振り返ることができる良い漫画だった。

 

ウィンドーショッピング

 青山広美先生にすっかりはまってしまったが、まだパワーボムシアターなる面白そうな作品があるらしい。いつも通りメルカリで買うか…と思ったら無かったためちょっと頭を抱える。落ち着いてブックオフオンライン、駿河屋、まんだらけ、ヤフーショッピングを確認。それぞれに安く散らばってはいたため、送料をいかに安く抑えるかで次は悩むことに。

 ブックオフは店頭受け取りで問題なし。まんだらけは…送料無料キャンペーンの1万円まで積み上げることにし、Amazonの欲しいものリストをひたすら上からなぞっていく。同じ店舗から出なければキャンペーンから対象外という制約もあり、なかなか1万円分は埋まらない。どうして私の欲しいものリストはこんなに薄いんだ…! 

 

 最後は同人本で欲しかったものを無理やりひねり出して何とか完了。送料を安くするために買いすぎるという本末転倒。それの選定に3時間かかるという無駄の極みみたいなことをしてしまったような気がする…。過去は過去なので何も考えないことにしよう。

 

 目的のパワーボムシアターはなんとか揃いそうなのでまたそのうち。悪意ある星新一は楽しみだなぁ~。

 

ごはん

 朝食:寝てた

 昼食:お好み焼

 夕食:お好み焼

 

 昼は残っていたお好み焼き。夜は新しく焼いたお好み焼き。いつもは油を大さじ2ほど垂らして作るが、肉が多いとその分脂が出てくることを失念していた。肉とネギ、チーズの組み合わせは美味しいが、やっぱりキャベツが無いと歯ごたえが足りんな…。

*1:顔面はへこむことがあるけど

*2:ウナギの蒲焼きや”くさや”、佃煮も全国的に有名な東京の郷土料理らしい。ためになる漫画だね!!

*3:画像URL

2/16 Barステラアビス体験版

2/16(金) 睡眠時間4時間45分 113歩

これは音楽も絵も良いからやっぱり豪華限定版買うか…と覗いてみたら既に全て売り切れていた。1月にはあったのだから、ちゃんと欲しいと思ったときに買っておくんだよ私…! 

 

 

やったこと

仕事

 今日は引きこもっての仕事。手が動かないときは溜まっていたNoteやZennやPublickeyの記事を読み進め、メモをNotionへと書き出していた。これも知識をつけるという仕事ですよ…maybe。

 

 昼休憩中に何気なくスマホを見て、ステラアビスの体験版が配信されていることを知る。寝転がって時間潰している場合じゃないよ!

飯は手早く済ませ、2年以上封印されていたPS4を引っ張り出し、LANケーブルを繋いでソフトウェアアップデート等を済ませた。え、モバイルでログイン用のアプリも出ていたのか。

 

Barステラアビス

 仕事終了宣言してから3秒でキーボードをどけ、5秒でコントローラーを握りしめる。もう1秒たりとも待っていられない、ゲームの時間だ!! 

 

 場所はチラシに導かれて入った静かでおしゃれなバー。迷い込んだ青年はそこで酔いつぶれ、目が覚めたら…自分の顔と腕が無くなっていた! そんな酔っ払いの夢のような話から始まる物語。そんなことある??

左)ダンジョン着地時 右)バー内の様子 丁寧な絵だなぁ。

 ゲームシステムはローグライクをイメージしていたが、どちらかというと毎回レベル1から始める不思議のダンジョンと言った方が適切かもしれない。死んだら手持ちのアイテム・スキルはリセットだが、お金や装備はずっと引き続き使うことができるため、スタートした時の強さはある程度担保されている。

左)スキルとなる”ステラ”の選択 右)戦闘クリア時。可愛い。

 プレイヤーはダンジョンの階層ごとに休憩所、ショップなどからどのイベントへ進むかを選択し、4~8部屋程度からなる階層を探索していく。敵を倒せば画像のような”ステラ"が手に入ることがあり、これらのパーツで自分のスキルを強化していき、最上階に棲むボスへと挑戦する。

 

 ちょっと話はずれるが、この星座の絵ってとてもおしゃれで最高じゃない…??*1 背景が深い青色で星のような神秘的な雰囲気は持たせつつ、アクセントカラーを黄色にして目立たせている。要するにFantastic!! というわけだ。

 

 同じ星座で揃えてスキルを作っても良し、効果を組み合わせて強いスキルを作っても良し。作ったスキルはダンジョンクリアしたらリセットされる仕様なため、悩みつつ気軽にいろいろと挑戦もできるのが楽しいところ。こんなのいくら選択しても楽しいからね。

今回は範囲攻撃に使いやすい魚座を軸に戦っていた。通常攻撃との2連撃で燃費良く敵を倒せるため結構ありがたい。回復アイテムはフィールドからぽろぽろ出てくるため、気持ちよくスキル撃っても大体大丈夫。

 

左)最初に出会う常連さん、レオナさん。とてもとても声が良い
右)オシャレなカクテル

 ダンジョン内で体力0でゲームオーバーになるか、クリアするとバーへと帰ってくる。こちらでは常連キャラとの会話を楽しみながら、酒の効果でバフを重ねていく。

星座と同じように、カクテルの絵もそれぞれ綺麗に描かれており、どれも飲んでみたいなと思わせる。まぁ結局、経験値アップとお金取得量アップの酒を飲むのですが。初めて知った中でもオレンジ・ブロッサムは特に飲んでみたいなぁ。

他にもいろいろと

 体験版で相席できる常連は就職活動中の大学生2人。それぞれ闇を抱えていそうではあるが果たして…? 「俺も自慢できるような趣味・打ち込めるようなものが欲しかったよ」と悩みを言うあたり、現代の若者をインストールしてきたのかと疑う。それ私が数年前に通ってきた道…! 

 会話自体はまだ簡単で、リアルの飲み会でするように適切な相槌と会話を区切る飲酒でクリアできる。酒の場で相手の会話は否定しちゃいけないってリアルで学んだ。

 

 常連さんたちはダンジョンでも冒険を共にしてくれるのが、これからさらに愛着が湧いてくるのだろうと思う。既にレオナさんの声*2に骨抜きにされてしまっている。戦闘クリアごとに可愛らしいポーズで「サマヨイさんのおかげです~」なんて言ってくるものだからずるいわぁ。その声聞くためだけに、毎回敵へのとどめはレオナでしていた。

 

 ダンジョン1周と、常連との会話と楽しんだところで体験版は終了。もう一周だけダンジョンを楽しみ、早く購入させてくれ! と台パンして終わった。

これは…間違いなく買いではあるから、あとはどこの店舗で買うかだな…。

 

アークノヴァ

 またしてた。3点足りずに敗北した一回以外は5勝したので、さすがに慣れてきたな。

 

ごはん

 朝食:カレー

 昼食:塩トマト+ヨーグルト

 夕食:お好み焼き(ネギ、チーズ、合い挽き肉)

 

 朝にカレーの火を入れて、ようやく消化が完了。一週間の洋風お味噌汁は流石に長かった。

 夜はカレーに使われなかった合い挽き肉を消化するためにお好み焼き。お好み焼きには大体何を入れても大丈夫だろうと思ったが、しっかり美味しくて大満足。肉うめぇ肉うめぇ! 

*1:スタートゥインクルプリキュア仮面ライダーフォーゼが好きなため、星座ネタにはとても弱い自覚がある。聖闘士星矢は未だ知らず。

*2:公式サイト曰く黒木ほの香さんという聞き覚えがある名前だった。シャニマスの甘奈だったらしく、可愛い系の声にとても納得した。

2/15 社外飲み会

2/15(木) 睡眠時間9時間半 15,717歩

アークノヴァを遊ぶ手が止まらない。この呪いを解く方法が知りたい。

たぶん早寝早起き朝ごはん運動。

 

 

やったこと

仕事

 今日も元気に出社しているため仕事が捗る…ということも無く、会議でかなり時間が過ぎ去った。空いた時間で作業を進め、ついでに豆知識も社内向けの記事としてまとめた。

 人からのリアクションをモチベーションの基準にするとろくなことが無いのは分かっているが、いろいろ動いて無反応だとモヤモヤとする心の難しさ。「これは転職準備、転職準備」と自分に言い聞かせているが、社内でしか公開していないからまた違う気がする。内発的動機づけになるように考え方の調節が必須。

 

飲み会

 先月行った勉強会のご縁で飲み会。久しぶりに夜の恵比寿で下車し、友人とオシャレな街中を巡り歩いて居酒屋へと向かった。この町、新橋とも渋谷とも池袋(東口)とも違うおしゃれさがある気がするぞ…? 

 

 技術の話や会社福利厚生の話が多かったが、途中からは徐々に貯金や恋愛などのプレイべートな話も。東京来てから社外の若いエンジニアの方と話す機会はほぼ無かったため、新鮮な時間となった。

そして私は言語のことを何も分かっていないなぁということも再認識。友人とお相手が盛り上がっているのを眺めつつ、串をもしゃもしゃとつまんでいた。

 

 2時間半ほど喋って解散。さらにその後いろいろ歩き回り、結局家に帰りついたのは日付が変わる頃だった。よく歩いた。

 

アークノヴァ

 帰宅してもなんとなく日記を開く気が起きず、逃げるようにアークノヴァを起動。そのまま2時間以上遊び、得られたのは2勝2敗…。勝ってはいるが、スッキリしない終わり方となってしまった。まだまだ手が動きかけたが、脳みそが動いていないことも分かったためストップ。

 

ネット漫画

 さらに逃げるようにネット漫画を読む。

スカベンジャーズアナザースカイ:杭を打ち出す度に100kcal失うという代償は確かに(他の化け物神秘と比べると)軽いが…、1秒でエアロバイク30分こぐ*1のと同じ不可と考えたら相当負荷がかかっていそう。死にはしない軽さだが、十分重いんだよなぁ。23さんの「Fuck My Life」で代償が若返りというのも作者さんどういう発想ですか?? 言われてみれば納得するいい名前をしている。 本当に自分でFuckしないでくれ23さん…。

 組織の黒い部分や世界観などもちょっとずつ判明してくる。役に立たなくなったら加工所行き・1010の活動時間は既に25年という言葉を見ていると、約束のネバーランドガンスリンガーガールのイメージがついてくるなぁ。初代っぽい反乱者も出てきたのでで楽しくなってきたところ。早く珊瑚のアーティファクトの性能も見せてくれ…! 

 

100カノ165話:昨日は早く寝落ちしたおかげですっかり忘れていた。彼女×彼女の組み合わせだけで、もう単行本5巻ぐらいだせるんじゃないですかね。乙女ゲーム主人公、妹さんが楽しそうで何よりです。妹が静ちゃんと乙女ゲームしている話で1話ください、先生!!

 

いつか死ぬなら絵を売ってから:その日暮らしで絵を描かずにはいられない青年と、その絵に惚れこんでしまったディーラーの話。とりあえず無料で進めて4話まで読んだが、これでもかというほど金持ちと貧乏人の感覚の差を描いている。資本主義の上と下が協力しようというのだから、最初から理解しあって上手くいくはずないよなぁ! 

 

 

 腕時計と漫画を交互に見つつ時が過ぎていたが、3時半にもなって逃げられないなぁと感じる。さっさと(昨日の)日記を書いて寝ることにした。

別に仕事で残業しすぎているわけでもないのに、生活が何も上手くいっていない感じがしていてもどかしい。ストレスの原因は分かっているから、まずは土日でそこの対処かなぁ。

 

ごはん

 朝食:菓子パン

 昼食:(外食)なめろう定食

 夕食:飲み会料理

 

 昼は和食リクエストがあったため近くの定食屋さんへ。いつものように日替わり定食…と思ったが、隣にある多種多様なイワシ定食が目に飛び込んできた。焼き魚でも刺身でもよいが、マイブームはなめろう! 総菜よりも大きく、握りこぶしくらいはありそうななめろうとご飯と一緒に頂いた。やっぱりご飯3杯はいけそうなぐらいに美味しい料理だな。

 夜はゴボウの天ぷら、冷やしトマト、からしれんこんなど野菜を使った料理が多め。大分はごぼうの名産地ということを初めて知った。

2/14 速やかに寝落ち

2/14(水) 睡眠時間5時間45分 5,641歩

 

 

やったこと

仕事

 可もなく不可もなく、調査と開発とやり取りと。

 今週はMTGが少ないためとても快適に作業が進んでいる。ずっとこんな感じでいいのよ。

 

カラオケ

 ふらっと気が向いたのでカラオケへ。いつもと同じく40分220円のお手軽コースを選択。いつものプリキュア系、アニメ系をいつものように喉で歌うが、採点でことごとく「お腹から声を出すように歌いましょう」とダメ出しをされる。

それが簡単に出来たら苦労せんわい! と思っていたが、喉から腹まで一直線に柱を通すように開けてみたら確かに音が腹から出てくる(気がする)。喉は高さを調整する役目に集中して歌うと…音程がなんとか合うが5分も持たない。歌い終わって表示される消費カロリーは18.4kcal。額に汗を浮かばせながら、1曲でこんなにエネルギー使えるんだなぁと画面を見つめていた。

 体力が全く持たないため、この歌い方するなら体力伸ばすことが必須のようだ。

 

黒の契約者9・10話

 マフィアのホテルに囚われた少女と課長と黒君の回。今回の対価は「自分の血を流すこと」。そして能力は「自分の血がある面に穴を開けること(?)」能力と対価がセットじゃん! そんなのありかよ!! さすがマフィア、黒君レベルではないが汚いなぁ。

 

 今回は全てのしがらみから解放されたい女性の話だったが、実際全てのしがらみから解放されたら幸せなのかね。悩みは全く無くなるが、楽しみもそれ以上に減るんだろうなぁとは思う。人間、常に何かに依存していなければ、立つことも出来ないだろう。

 

BGA

 今日は1戦だけアークノヴァ。初動の手札と引きが良く、1ターン目から快適に進んで改良を最速で手に入れる。通常3ラウンド(18ターン)はかかっていた改良3回が2ラウンドで終わり、高速で動物園の評判も保全ポイントも上がっていく。過去最高の156点を付けてとても満足できた回だった。研究開発最高!

 

 

 じゃあ次は日記の時間まで本を読むかと開くが、10分経たずに目がとろけてくる。時刻はまだ22時だが…、体の要請に従って速やかに寝てみることにした。

 

ごはん

 朝食:菓子パン

 昼食:(中食)唐揚げ弁当

 夕食:カレー

 

 お手軽簡単シリーズ。カレーはそろそろ火を入れないといけない気がするなぁ。