生存報告所

日記だよ!

5/18 Slay the Spire

5/18(土) 睡眠時間8時間半 129歩

ゲームで時間が過ぎた時はいつもポルナレフになってしまう。ありのままに今起こったことを話すぜ…(略)

やったこと

漫画

バーナード嬢曰く6:読むと積読を消化したくなる漫画。あとがきで『三体』について触れられていて、全世界から三体包囲網を受けているような気さえしてくる…。

 

ギャラリーフェイク30・31:言いくるめられたり、病院へ入院したり、髪引っ張られてボロボロになったりと散々な目に遭っている藤田である。

31巻『端皿』は、一癖二癖あるメンバーが集まって輝く話。半端ものを上手く組み合わせるという点では、『ONE OUTS』を思い出させるような話で好き。

監督の腕に感心しつつ、ちゃっかり3人の使命入りサインボールを用意している藤田も流石。こういう機会を逃さないところがビジネスセンスなんだろうなぁ。

 

だがしかし11:愛すべき駄菓子漫画終了。面白かったぁ!

豆くん「今年もいいもん見たわ~」と言っているということは、毎年逃げるふりしてサヤ師の告白見ているのか…。未だに「なんて勝手な奴」と言われている辺り、良い兄貴だなぁ。だがお前がいる限り、楽しいココノツ君は彼女作りそうにないんだよね*1

兄を屍にしていけサヤ師。

 

Dr.Stone:懐かしくてまた読んだ。司との決戦~島での戦いが一番好きだなぁ。

 

Slay The Spire

 学園アイドルマスターなるものがリリースしたらしい。ソシャゲにもう手を出したくない身としては静観のスタンスなのだが、ゲーム性はローグライク育成だと友人から聞いた。日本製ソシャゲにしてはなかなか唆るデザインをしてくるなぁ。

 

 ローグライクとして同じく思い浮かんだのがSlay The Spire。ローグライク系デッキ構築の始祖というような存在で、数々のゲーマーを沼に落としてきたようなイメージである。クロノアーク、One step from the eden、魔法使いの夜…と様々なローグライクデッキ構築ジャンルはで遊んできたが、始祖を触らないのも良くないだろうと思い、「ちょっと遊んでみるだけ…」なんて言いながらインストールした。止まれるはずがなかった。

一番最初に使える戦士の人

 最初は戦士を選んでプレイ開始。カードとコスト要素があり、自分のエネルギーを管理しながら闘っていく。攻撃一辺倒ではなく、相手の攻撃が痛いため防御も適度に行って体力を守っていく必要がある。ローグライクとしてはベーシックで当たり前な概念だけど、これが始祖だからなぁ。

要所要所で他のゲームを思い起こさせる点があり、「これ○○で見た奴だ~!」と興奮しつつ遊んでいた。

相手の攻撃力が高いが、ダメージを与えるほど攻撃力も下がる敵。Astreaで見覚えが

 

 戦士、魔法使い、古代戦士、侍と4種類を一通り遊んだが、(ボコボコに負けて)一番楽しそうな古代アンドロイドでプレイを進める。私の勘によると、この手の拡大再生産タイプは、一度デッキが組めたら恐ろしい強さを単純な思考で回せるからとても楽しい。

 
 防御カードを軽んじたり、デッキの構築が上手くいかなかったり、調子に乗って強敵マスを何度も踏んだりして黒星を積み上げていく。負ければ悔しいのだが、反省してすぐ次の戦いへと踏み出してしまうから恐ろしい。

 

 そして試行錯誤も続けていると、たまに美味しい組み合わせが出来る。

 どこの凄腕ジャグラーやねん*2というほどオーブを増やし、手札に来たカードを単純に叩きつけておく楽しいお仕事。重機の如くマス上の敵を屠っていき、あっという間にボスまでクリアしてしまった。

 

 ローグライク系のお約束として、まだ裏面の攻略は出来ず。こういう時はイベント戦闘であっさり終わるのだが、今までのプレイヤーたちの与えたであろうダメージ総量が表示されるのは面白い。140億…??

 

 気づいたら7時間半が経過していて、流石にこれは人でなくなると思い終了。ほんのちょっと戦っていただけのはずなのだが…。こっちの沼はふーかいぞ。

 

ハートオブクラウン

 友人4人が集まったため、ハトクラの対戦開始。

 新カードは生産性を上げるものではなく、公爵夫人に続いてまたもや攻撃系。渋いなぁ…と顔をしかめつつもスタートした。

 

 全員が1・2勝を上げるくらい、実力が拮抗した者同士の対戦。ボドゲの中で一番楽しい時間という説まである。

私は行動カードでお金が産出される「図書館」がある時に勝利をあげられていた。一番好みである姫「ベルガモット」が行動カードをリサイクルできるため、図書館を毎ターン確実に使う動きが圧倒的に強いのである。

 

 それ以外では大体拡大再生産を楽しんでいるうちに他のプレイヤーが点数を伸ばして敗北が多い。カードを買って増やすこと気持ちよくなりすぎてターン表示を見ていないため、ちゃんとどのターン辺りから動き出すのかチャートを用意しなければいけないな…。

 

 こちらは朝方まで遊んで6時間が経過。長い、本当に長い戦いだった。楽しかった。

 

ごはん

 朝食:寝てた

 昼食:レトルトカレー

 夕食:つけ麺

 

 つけ麺の具材に迷ってネギしか入れなかったが、他にどんな具材が合うのだろうか…。つけ麺に生卵は違う気がする。

そうめんと同じような具材を入れるのが正解なのだろうか。

*1:結婚相手は出来て予約されてしまったが

*2:ワンピースの金獅子のシキ映画に出てきたケミカルジャグリングを思い出した。ジャグラー系キャラは他に見たことないかも。